空気が入りにくい構造のウォーターサーバー「富士の湧水」


ウォーターサーバーはお水の質の良さはもちろん、ボトルの構造もとても大事だということに気づきました。
開けたてのころは空気が入っていないので新鮮ですが、使っていくうちにボトル内に空気が入ってどんどん酸化し、水の質が落ちていってしまいます。
一気に飲んでしまうわけではないので、できるだけ鮮度が保たれるボトルの方がいいですよね。

そう考えて調べてところ、イワタニの「富士の湧水」というウォーターサーバーがあることを知りました。
「富士の湧水」は「D‐パック」という使い切りのボトルを採用していて、ボトル内に空気が入りにくい構造になっているので飲み切るまで新鮮さが保つことができるようです。

「D‐パック」は使い切りなのでボトルの汚れも心配ありません。
資源ごみとして再利用できるようなのでエコなボトルです。

ウォーターサーバーのレンタルは有料で、月額1,543円(税抜)となっています。
ボトルは12リットルで1,524円(税抜)、8リットルで1,334円(税抜)で、宅配料はいずれも無料です。

ボトルの安全性が高いのでその点は評価したいですが、ウォーターサーバーが有料なのがちょっとネックですね。
OSGコーポレーションと比較すると、やっぱりOSGに軍配が上がります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">