軽さ重視の「フレール」


「フレール」は株式会社ダイキチが運営しているウォーターサーバー事業です。
ほとんどのウォーターサーバーのボトルは12リットルボトルを採用しているのですが、重さにすると1リットル=1キログラムですから、つまり12キログラム!女性や高齢者にとってはかなりの重労働です。でも、フレールのボトルは約半分の6.2リットル。1.5リットルのペットボトルが8本から4本になったと考えれば、イメージしやすいかもしれません。これなら一人暮らしの女性でも簡単に取り替えられますね。
フレールの水「千里の命水」は大阪千里丘陵と安威川水系で育まれた深層天然水。不純物を99%以上取り除いているので、赤ちゃんが飲んでも大丈夫。日本人の舌に馴染んだ超軟水ですから、そのまま飲んでもいいですし、紅茶やコーヒー、料理に使っても美味しくいただけます。ボトルは特許出願中の新素材を使用していて、折りたたむと手のひらサイズまで小さくなります。そのままポイッと捨てられるのでスペースも取りません。便利!
フレールの水は業界内でもトップクラスに安く、500ミリリットルあたり43.5円。スーパーやディスカウントストアでも、この値段にするのは難しいでしょうね。