深海が育んだ天然水エフィールウォーター

エフィールウォーターでは知床の海洋深層水を使用している企業です。知床といえば流氷の街として有名ですね。流氷に含まれていたミネラルが海に溶け出し、比重の違いから海底へ沈んでいきます。そのため知床の海洋深層水は、他の海洋深層水と比べてミネラルが豊富。世界屈指の質と言われるのはこのためです。
海洋深層水のミネラルバランスは、人間の血液や体液に必要なミネラルに最も近いと言われています。人間は元々海から陸に上がってきた生物ですし、共通点があるのは当たり前なのかもしれませんね。エフィールウォーターの水ならば効率よくミネラルを吸収できるので、健康の維持はもちろん、ダイエットや老化の抑制にもピッタリです。
エフィールウォーターは硬度30の軟水なので、日本人の口によく馴染みます。飲料水は当然として、お料理に使えばより美味しく感じられますよ。素に含まれる栄養素と一緒に、天然ミネラルも摂取できるのが良いですね♪
お水の料金は11.3リットルで1,400円(税別)。500ミリリットルで換算すると約63円となります。お店で購入するよりずっと安いですし、持ち帰る手間を考えてもずっとお得です。サーバーレンタル代は月額300円(税別)、メンテ代は月額700円(税別)。3人家族だと月5,000円、4人家族だと月6,000円ぐらいでしょうか。コスト面でも優れていますね。

南国の味!ハワイウォーター

日本のウォーターサーバー企業が提供しているお水は、日本国内のものが多いのですが、このハワイウォーターというところはその名の通りハワイのお水を提供しています。
ハワイは世界で最も雨が多い地域と言われており、また日本と同じく火山帯でもあります。高い山々に降り注いだ雨は長い年月をかけて大地にろ過されて、地下200メートルに蓄えられます。この水と水源地はハワイの州政府によって厳しく管理されており、安全性はもちろん、味も超一流。世界で最も美味しい水と言われるのはこのためです。
ハワイウォーターでは、このハワイのお水をRO膜というNASAも採用しているろ過システムを用いて、不純物を徹底的に除去。分子レベルまでろ過を行った99.9%のピュアウォーターとなっています。
生まれたばかりの赤ちゃんは、水道水やミネラル豊富な天然水を飲むとお腹を壊してしまうことがあるのですが、ハワイウォーターの水なら安心して飲むことができます。
ボトルは1本18.9リットル 入りで2,100円(税別)と、1本8リットル入り 1,100円(税別)の2タイプがあります。大入りのほうがお得ですが、交換が大変なので女性の一人暮らしまたは高齢者は8リットル入りをお勧めします。

水交換がラクチンBLUEウォーター

ウォーターサーバーは自宅までボトルを配送してくれるので、買い物がラクチンになったのですけど、水の交換をするのは自分です。一般的なウォーターサーバーは、本体の上部にボトルを設置するため、女性にとっては交換するだけでも一苦労でした。年を取ったらちょっと難しいんじゃないかなあ、なんて思ったりもしました。12キロもするボトルを胸の高さぐらいまで持ちあげるんですからね。男性でも辛いです。
そんなボトル交換作業が嫌という方にオススメしたいのがBLUEウォーターという企業です。12リットルボトルを採用しているのですが、ここのサーバー本体は一風変わっていて、ボトルの設置場所が本体の下にあるのです。だから、わざわざ重いボトルを持ち上げる必要がないのです。
交換時は買い物カゴのようなバスケットにボトルを入れて、サーバーの下部に入れるだけ!ほんの数センチの高さなので、これなら女性の一人暮らしでも簡単に交換できると思います。取っ手が付いているため落とす危険もないですし、ちゃんとユーザーのことを考えている企業なんだなあと思いました。
チャイルドロック(安全装置)も温水はもちろん、冷水にも付いているので、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使えますよ。

産地にこだわるならさくらウォーター

さくらウォーターは水の産地にこだわったウォーターサーバー企業です。
神戸の「布引の水」、阿蘇山の天然水を使用した「桜佳」、富士山麓の恵み「桜金天翔水」の3種類の水から選べるのが特徴で、産地にこだわるユーザーから高く評価されています。2本24リットルで3,662円(税込み)。500ミリリットルのペットボトルに換算すると約76円です。他のウォーターサーバーの水と比べると少々お高くなっていますが、お水を飲んでみれば、その価格にも納得するはずです。
ちなみにさくらウォーターはウォーターサーバー本体にも力を入れていて、日本の住まいの形を考えて作られた「エコキュービック」は、どんな部屋にも馴染むようにデザインされています。色は全6種類。派手すぎず上品な色のため、洋室にも和室にも似合います。ただ設置するのではなく、インテリアとしても楽しめるのが良いですね。
安全面にも配慮されていて、温水コックにはチャイルドロック機能が付いているため、小さなお子さんが触っても大丈夫。やけどの被害を防げるので、安心して利用できます。本体が四角いので転倒しにくいのもポイントです。サーバーあってのミネラルウォーター。ちゃんと本体にもこだわっているところが良いですね。

顧客満足度NO.1アクアリズム

顧客満足度NO.1(ネットマイル調べ)を獲得したアクアリズム。利用者も60万人を突破し、利用者が急増しているウォーターサーバー企業のひとつです。アクアリズムが評価されている理由を考えてみたのですが、やはり水が美味しいところにあるのではないでしょうか。初期費用がゼロとか、配送料がゼロというのも嬉しいのですが、肝心のお水が美味しくなかったら意味が無いですよね。アクアリズムは厳選された「金城の華」「日田の誉」「富士の響き」「古都の天然水」の4種類の水から選べるのが魅力的。それぞれ含まれているミネラルが異なり、口当たりも違います。それぞれの水を飲み比べてみると面白いかもしれませんね。私のオススメは「富士の響き」です。バナジウムやカルシウムなどミネラルがたっぷりで、軟水なので飲みやすくなっています。この水を使ってお料理をすると、何だかちょっぴり美味しくなるような気がします(笑)。もちろんそのまま飲んでも美味しいですよ。
あとウォーターサーバーの本体にはエコ機能が備わっています。寝ている時や外出しているときなどにエコモードにしておくと、消費電力をグーンと抑えられますよ。地球に優しいだけでなく、お財布に優しいです♪

女性でも安心フレシャス

安全のために水を徹底的にろ過すると、微生物と一緒にミネラルも失われてしまいます。野菜を殺菌した結果、栄養も一緒に失われてしまうというような感じですね。ウォーターサーバー業界では安全性を追求したことで、ほとんどミネラルが含まれていない水を提供している企業も確かに存在します。それが悪いとはいいませんけど、ミネラルの摂取を考えている方にとってはあんまり嬉しくないですよね。
ミネラルが豊富な、ありのままの水を飲みたい方はフレシャスがオススメです。富士山の標高1,000メートルから摂取した天然水を提供しているウォーターサーバー企業で、非加熱処理を採用しています。そのため、自然のお水を安全にお届けできるというわけです。
また12リットルタイプのボトルを採用している企業が多い中、フレシャスは7リットルボトルを採用しています。1リットル=1キログラムですから、12キロを持ち上げるのは大変。でも7キロなら何とかなります。実際に交換してみたのですが、5キロの差って大きいんですね。軽々と交換出来ました。これなら女性の一人暮らしや、高齢者の方でも簡単に利用できると思います。使い終わったらゴミ箱にそのまま捨てられるパックタイプなので、かさばらないのもいいですね。

日本人が慣れ親しんだ味クリティア

クリティアはいち早くウォーターサーバー事業を行った企業のひとつです。いわゆる老舗というやつですね(笑)。この会社の水は富士山麓の地下約200メートルから汲み上げた100%天然水。非加熱のナチュラルミネラルウォーターなので、栄養がたっぷり!
特にバナジウムというミネラルが豊富。バナジウムは最近の研究で血糖値を下げることが分かり、今最も注目されているミネラルなんです。クリティアの水を飲むだけで、生活習慣病の予防になるかもしれませんね。もちろん、バナジウム以外にも4大ミネラルと言われるカルシウムやマグネシウム、カリウム、ナトリウムも豊富に含まれています。富士山という自然の濾過を利用し、過度な熱殺菌処理を行わないクリティアならではの魅力と言えるでしょう。
一般的にミネラルが多いと硬水となり、どちらかというとヨーロッパの水に近くなるのですが、クリティアのナチュラルミネラルウォーターは硬度25の軟水。日本人に慣れ親しんだ味なので、抵抗がなく飲めます。
クリティアは初期費用0円。サーバーレンタル料も0円。ボトルの配送料やメンテナンス料も0円。水は2本(1本12リットル)で3,780円からとなっています。コスト面でも非常に優れていますね♪

ダントツに安いアクアセレクト

数あるウォーターサーバーのメーカーで、コストパフォーマンスを重視するのならアクアセレクトがオススメです。アクアセレクトという会社は他の企業とはちょっと違って、社会貢献事業としてサービスを始めたのだそうです。つまり、儲けるためではなくて社会奉仕を目的としているのです。過剰に利益を求めないスタイルなので月々のコストもギリギリまでカット!商品価格もダントツに安くなっています。
ボトル一本あたりの値段は1,450円。500ミリリットルのボトルに換算すると約60円。これだけ見ると他社とほとんど変わりませんが、実はサーバーレンタル料やサーバーメンテナンス料がゼロ円。また一ヶ月でボトル2本が届くので、最低でも月々2,900円!
水代が安い企業はたくさんありますけど、何だかんだでサーバーレンタル料とかメンテナンス料とかで月々4、5,000円はかかってしまいます。約3,000円でウォーターサーバーを利用できることを考えるとかなり安い買い物だと思いますよ。
ちなみに水は三重県と奈良県の境目にある宮川の水を使用しています。放射性物質の検査を行っているので安心して飲めるのも嬉しいですね。アクアセレクトを導入する幼稚園や保育園が多いのも頷けますね。