オシャレと省エネを両立するなら南ASOの天然水

家庭用ウォーターサーバーを検討しているけれど、サーバーの上に大きなボトルがでーんと乗った見た目がちょっと…という人多いですよね。探せばデザイン重視でインテリアにも合わせやすいタイプのサーバーもあるにはありますが、なぜか電気代の消費が激しかったりとなかなかしっくりきません。
そんな人には「南ASOの天然水」をおすすめします。
ボトルタイプではなく袋入りの省エネパックでサーバーの中にセットできるので見た目もオシャレでコンパクト。リビングに置いても雰囲気を壊さず、圧迫感もないデザインです。
名水地の多い熊本県。中でも業界最大級の酸素量を含む南ASOの天然水は、1パック6.2リットル×4パックで3,980円です。1パックあたり約664円、500ミリリットルなら約53円程でしょうか。サーバーレンタル料が無料な上に月々の電気代も300円程度というので、かなり経済的だと思います。
2014年8月までの情報によれば、今新規契約すると南ASOの天然水に水素をブレンドした「南ASOの水素水」350ミリリットル×10本セットが付いてくるそうです。
パッケージには熊本の人気キャラクターくまもんが大きく描かれているので、ファングッズとしても注目を集めるかもしれませんね。

OSGコーポレーションのウォーターネットが評判です

過去の記事で、スーパーの水自動販売機などを提供しているOSGコーポレーションという企業をご紹介したことがあります。家庭用浄水器の老舗で、海外企業と提携した幅広い事業展開や浄製水の高い技術と高品質な製品で知られる企業です。
オフィスや病院、家庭用のウォーターサーバーとしてお馴染みの「ウォーターネット」は、実はOSGコーポレーションが専用に作った子会社。様々な水をクリエイトするお水のプロが提供しているサービスなんです。これが近頃ママ友の間で評判になっているようなのでご紹介します。
ウォーターネットは胃腸に優しく赤ちゃんも飲めるRO水を採用しています。温冷両用のサーバーにはヤケド防止のセーフティロックが標準装備だから、小さい子がいるお家でも安心です。赤ちゃんでも掴まり立ちができるようになってくると、見えない場所のものを不用意に触ったりしますから、この機能は結構重要ではないでしょうか。もちろんイタズラ盛りのちびっ子たちにも。笑
メンテナンス込みのサーバーレンタル料は月々1,000円。ちょっと高いかなという気もしますが、ボトルは12リットルで1本1200円、500ミリリットルでは50円と考えると、他のウォーターサーバーに比べてかなり経済的なお値段設定です。
レンタル料と合算したら適正価格という感じですね。