赤ちゃんのミルクに最適な硬度の天然水・京ほのか

水には硬度があり、硬度によって飲みやすさが変わってきます。
100mg以下は軟水、100mg以上は硬水となり、日本は軟水が多いので、日本人には軟水の方が飲みやすいとされています。
私も硬水よりも軟水の方が飲みやすいです。

ネイフィールウォーターの天然水・京ほのかは硬度30度の軟水なので飲みやすく、赤ちゃんのミルクに使っても問題ありません。
赤ちゃんにはマグネシウムが多い硬水より軟水の方がいいので、赤ちゃんのミルクを作る時は京ほのかのような硬度が低い軟水を使おうと思います。
上の子はもう小学生なので今のところ赤ちゃんのミルクは必要ないですが、子どものためにも飲みやすい軟水がいいかなと考えています。

京ほのかは1本12リットルで1,900円(税込)で、ネイフィールウォーターはウォーターサーバーを無料でレンタルできるので天然水の代金だけでOKです。
配送料もかからないので、主婦にとっては助かります。

ウォーターサーバー探しを始めてからお水をよく味わうようになり、前よりも味の違いが分かるようになった気がします。
軟水と硬水では成分が違いますし、天然水によっても味わいや飲みやすさが違います。
好みがあるので正解はありませんが、自分が飲みやすいと思う天然水を見つけたいと思います。

 

採れたて天然水をリーズナブルな料金で注文できるiDEAL WATER

OSGコーポレーションのウォーターサーバーのお水を飲んで美味しいと思ったことからウォーターサーバー探しが始まりました。
色々なメーカーのウォーターサーバーの料金を比較していますが、やっぱりお水の美味しさは外せません。
今日調べたのはiDEAL WATER(アイディール・ウォーター)というウォーターサーバーで、採れたての天然水をリーズナブルな料金で注文できるということで気になっています。

iDEAL WATERの天然水は富士山地の地下200メートルから汲み上げられていて、ミネラルを豊富に含んでいるそうです。
カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムは4大ミネラルと呼ばれていて、バナジウムも含んでいます。
富士山の採れたての天然水をそのまま閉じ込めているので、味はかなり期待できます。

気になるボトル1本あたりの料金ですが、12リットルで1,785円となっています。
採れたて天然水を1,785円で飲めるなら、なかなかリーズナブルだと思います。
ウォーターサーバーのレンタル料金は無料ですし、初期費用もかからないので必要なのはボトル料金だけです。
月額1,785円で美味しい富士山の天然水が飲めること、ミネラルとバナジウムが健康にいいことを考えると、かなり良さそうなウォーターサーバーですね。

12L1,445円のリーズナブルな天然水・富士忍野のいずみ

主婦としてはウォーターサーバーのボトル1本あたりの料金は非常に気にするところで、美味しさを重視しつつもできるだけリーズナブルな料金のウォーターサーバーを見つけられればなと思っています。 エイチ・エス・アシスト株式会社のウォーターサーバー・富士忍野のいずみは12L1,445円と1本あたりの料金がリーズナブルで、見た時は思わず「おっ!」と声を出してしまいました^^; 富士忍野のいずみはバナジウムを豊富に含んだ天然水で、バナジウムは血糖値を下げる効果があることから、糖尿病の改善に効果があるとされています。 へ〜、糖尿病にはバナジウムがいいんですね。 富士の天然水が1本あたり1,445円というのはかなりリーズナブルです。 ウォーターサーバーの料金も気になるので調べてみると、定期コースを申し込めばサーバー料金が無料になるようです。 定期配送コースならメンテナンス料金が無料になるので、申し込むなら定期コースですね。 その都度ボトルを注文する場合は、サーバーレンタル料金690円がかかります。 ボトル料金が1本1,445円という安さにかなり引き込まれています。 主婦はやっぱり安さやお得さに弱いんですよねえ。

高性能なウェルウォーターのプレミアムサーバー(ウォーターサーバー)

ウォーターサーバーは種類が多くて、なかなかひとつに絞り込むのは難しいですね。
比較のために日々色々なメーカーのウォーターサーバーを調べているのですが、西武ガスグループのウォーターサーバー・ウェルウォーターについて調べてみました。

ウェルウォーターは富士山の天然水・日美水がおうちで飲めるウォーターサーバーで、ボトル料金は月3,290円、サーバー(プレミアムサーバー)の料金は月799円、合計月額4,089円で利用できるようです。
サーバーはスタンダードタイプはちょっとお安くなって、月411円でレンタルできます。

プレミアムサーバーはマルチ温度調整機能、高温循環機能が備わった高性能なウォーターサーバーで、スタンダードタイプよりも性能がアップしています。
高温循環機能はサーバー内をクリーンに保ってくれる機能です。
ボタンはプッシュ式になっていて、温水も冷水もボタンをポチッと押すだけで出てきます。
プレミアムと名がつくだけあって、なかなか機能が充実しています。

スタンダードタイプは月額411円ですが、毎日使うことを考えると300円ちょっとプラスしてプレミアムサーバーにした方が使い勝手が良さそうです。

必要なのは天然水の代金だけ。恵みウォーター

ウォーターサーバーのコスパを考えて、ウォーターサーバーのレンタル料金や初期費用がかからないものを選びたいと思っています。
コウノウォーター株式会社のウォーターサーバー・恵ウォーターはサーバーのレンタル料金が無料ですし、初期費用や手数料などはかからないので、実質必要なのは天然水の料金だけになります。
ウォーターサーバーにかかる費用が無料なのは助かります!

では気になる天然水の料金ですが、恵みウォーターは4種類の天然水があり、それぞれ少しずつ料金が違っています。
1本あたりの料金は富士の奏は1,944円、富士の恵は2,138円、日田の恵は2,052円、京の恵は1,900円です。
だいたい2,000円前後なので、どの天然水でもそれほど料金は変わりません。

そうそう、配送料がいくらかかるのかも気になりますよね?
恵ウォーターは天然水の配送料も無料なので、ほんとに天然水の料金だけでいいようです。
ほうほう、なるほどなるほど。
ウォーターサーバーの料金も配送料も無料。
これはかなりコスパが良さそうです。

お水は毎日飲むので、ウォーターサーバー全体の料金を考えて、コスパがいいウォーターサーバーを選びたいと思います。

イメージワークスのスタイリッシュなウォーターサーバー・プレミアムウォーター

ウォーターサーバーはメーカーによってデザインが全然違っていて、家に置くならデザインがいいウォーターサーバーがいいですね。
株式会社イメージワークスのウォーターサーバー・プレミアムウォーターはデザインがスタイリッシュでデザインにこだわりが感じられます。
ロングタイプとショートタイプがあり、色はピュアホワイト、ベビーピンク、プレミアムブラック、プラチナシルバーの4種類から選ぶことができます。

無難にホワイト、もしくはかわいらしいベビーピンクもいいですね。
ショートタイプなら卓上やキッチンに置くことができるので、ショートタイプは結構使い勝手が良さそうな印象です。

プレミアムウォーターのボトルは使いきりタイプですので、飲み終わったボトルはリサイクルに出すことができます。
ウォーターサーバーを色々調べていて、最近は使いきりでリサイクルに出すタイプが多いように感じます。

サーバー料金は無料で、必要なのはお水代だけになります。
タダでウォーターサーバーがレンタルできるのは、やっぱりいいですね。
お財布を管理する主婦としては、できるだけ費用を節約したいですから。

今のところOSGコーポレーションが一番いいなと感じているので、他のウォーターサーバーとも比較して選びたいと思います。

ダイキチのウォーターサーバー・フレールの特徴

ウォーターサーバー選びのために情報収集するのが最近日課になっていて、今日は株式会社ダイキチのウォーターサーバーについて調べました。
ダイキチはフレールというウォーターサーバーを取り扱っています。
フレールは初期費用無料、配送料無料、メンテナンス料で、サーバーレンタル料金は月540円となっています。
プラスお水の料金が1,750円(18.6リットル)なので、だいたい月2,200円ぐらいですね。

ボトルはつぶしてリサイクルできるタイプなので、返却する必要はありません。
返却しなくていいので空きボトルに場所をとられませんし、使い捨てなので衛生面でも安心です。
水を使った分だけボトルが収縮していくシステムになっているので、雑菌が入りにくい仕様になっています。

お水は富士青龍水という名前で、地下200メートルから汲み上げているそうです。
富士青龍水はバナジウムの含有量がとても豊富で、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、カリウムの4大ミネラルも含まれています。
ウォーターサーバーを比較する時に、お水の成分もしっかりチェックするよう心がけています。
ウォーターサーバーの料金や性能も大事ですが、やっぱりお水の成分が大事ですよね。

 

3種類の天然水が選べるドリームウォーターのウォーターサーバー

ウォーターサーバーのメーカーは調べてみるとたくさんあって、どのメーカーがいいのか選ぶのに迷ってしまいます。
今日調べたのはドリームウォーターというメーカーで、3種類の天然水から選択できます。
取り扱っているのは山梨産のバナジウムくん、大分産の日田源泉水、京都産の夢の天然水です。

山梨産のバナジウムくんはバナジウムをはじめ、天然亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムを含んだ天然水で、軟水なので日本人に合っています。

大分産の日田源泉水は有機ゲルマニウム、天然亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムを含んでいます。
日田は水郷と呼ばれる地域で、良質な水を飲んでいるおかげか色白の日田美人が多いそうです。
私も日田源泉水を毎日飲んだら色白の日田美人になれるかしら。
なんて思ったり!

京都産の夢の天然水にはカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムが含まれていて、まろやかで飲みやすい天然水だそうです。

なるほど、3種類の天然水はそれぞれ成分が違っていますね。
自分の好みに合わせて天然水が選べるのは嬉しいですね。
ドリームウォーターのウォーターサーバーは無料でレンタルできるので、候補に入れておこうかな。