純度99.9%のウォーターサーバー・ディスティオ

ウォーターサーバーのお水は純度が気になりますよね。
純度が低いと雑菌が繁殖しやすいので、純度が高いお水を選びたいものです。
サニクリーン東京のディスティオというお水は、なんと純度99.9%という高純度のお水となっています。
純度99.9%を実現している秘密は、米国で開発された独自の蒸留システムにあります。
純粋な蒸気だけを集めることで作った蒸留飲料水なので、99.9%という高純度を可能にしているとのことです。
なるほど、蒸留することで純度を高めているのですね!
そんなお水があるとは知らなかった。

さてさて、気になる料金はですね、ウォーターサーバーのレンタル料が月々500円(税別)のタイプと700円(税別)のタイプがあり、ウォーターボトルは18.9リットルで1,900円(税別)となっています。
ウォーターボトルの容量が大きいので判断しづらいですが、コスパはいいと思います。
ただ、ディスティオは関東地区でしか提供していないので、それ以外の地域では利用できません。
なるほど、提供地域が限られているウォーターサーバーもあるのですね。
ウォーターサーバーをレンタルする前に対象地域は要確認であることを学びました。

超軟水だから赤ちゃんのミルクにも使えるアルペンピュアウォーター

天然水と言えば北アルプス!
今日は北アルプスの美味しいお水を届けてくれるウォーターサーバー・アルペンピュアウォーターについて調べましたよー。
アルペンピュアウォーターは株式会社トーセキが運営しているウォーターサーバーで、北アルプスの天然水を何重にもろ過して不純物を取り除いて作られたお水です。
超軟水ですので、赤ちゃんのミルクにも使えます。
恥かしながら、お水に軟水と硬水があると知ったのはウォーターサーバーについて興味を持ち始めてからのことで、日本人には軟水が合うというのも最近知りました^^;
OSGコーポレーションのウォーターサーバーに出会うまではお水に違いはないと思っていた人なので、軟水と硬水の違いもぜーんぜん知らなかったのです。

私の無知さはさておき、アルペンピュアウォーターはサーバーレンタル料が月々572円(税別)で、12リットルボトルの料金は地域によって少しお値段が変わります。
東京都 足立区・荒川区・江戸川区・葛飾区・江東区・台東区・墨田区 /茨城県内は948円(税別)ですが、それ以外の地域は1,181円(税別)となっています。
948円(税別)の地域の方がオトクですので、住んでいるエリアによって考えた方がいいかもしれませんね。

 

6種類のウォーターサーバーが選べるサンウォーター

ここ数ヶ月、ウォーターサーバー調べが日課になっています。
ウォーターサーバーはメーカーによって料金設定が違いますし、お水の内容もウォーターサーバーのデザインも色々違うので調べ甲斐があります。
今日調べたのは、サンウォーター株式会社のウォーターサーバー・サンウォーターです。

サンウォーターは富士の銘水富士うららと日田の宝水の2種類の天然水が選べます。
富士の銘水富士うららは天然バナジウム58μg/lを含んでいて、日田の宝水は有機ゲルマニウムを含有しているのでそれぞれ成分が異なります。
水というのは見た目では全然違いが分かりませんが、含有成分が全然違うんですね。

気になる料金はですね、富士の銘水富士うららは12リットルボトルで1,944円(税込)、日田の宝水は12リットルボトルで2,052円(税込)なので富士の銘水富士うららの方がほんのちょっとだけ安くなっています。
ウォーターサーバーはロングタイプとショートタイプがあり、それぞれクリア、ピンク、ブルーがあるので合計6種類から選べます。
レンタル料について書いていなかった(見落としてる?)ので、レンタル料がかかるのか気になるところです。

 

月4回注文でボトル代を値下げしてくれるウォーターサーバー・ユニマット

世の中にはウォーターサーバーがたくさんあるもので、これまで結構調べてきたつもりですが、まだ知らないウォーターサーバーがあります。
今日知ったのはユニマットというウォーターサーバーで、株式会社ユニマットライフが運営しています。

ユニマットのウォーターサーバーは基本プランを利用するとウォーターサーバーのレンタル料が無料になります。
ほう、ウォーターサーバーのレンタル料が無料というのはコスパを気にする主婦としてはなかなか興味を引かれるポイントですよ。
ではボトル代のほうはというと、ラ・フォレスタBOXプランは10リットルボトル2本セットで2,200円〜2,600円(税別)、ヴィラフォンテーヌボトルプランは8リットル3本セットで3,000円〜3,400円(税別)となっています。
価格帯に幅があるのは、月一回注文の場合と月4回注文の場合で価格が違うからです。
ラ・フォレスタBOXプランは月一回注文で2,600円ですが、月4回注文すると2,200円とオトクになります。
ヴィラフォンテーヌボトルプランの場合は月一回注文で3,400円のところ、月4回注文で3,000円に値下げしてくれます。
なかなか判断が難しい価格ですが、サーバー代が無料なのは嬉しいですね。
OSGコーポレーションとどっちがいいかなぁ?

海洋由来ミネラル成分を配合しているAWウォーター

今日はAWウォーターのウォーターサーバーについて調べたことを記録として残しておきます。
AWウォーターはエア・ウォーター株式会社が運営しているウォーターサーバーで、ミネラルウォーターは、RO膜(逆浸透膜)で不純物を取り除き、自社製の海洋由来ミネラル成分をバランスよく配合しているのが特徴です。

コスパが気になる私としては、まずAWウォーターのウォーターサーバーの料金が気になって仕方がありません。
調べてみたところ、ウォーターサーバーのレンタル料は800円(税別)、北アルプスの天然水のウォーターボトルは7リットルで950円(税別)、12リットルで1,400円(税別)となっています。
ミネラルピュアウォーター(RO水)のウォーターボトルは12リットルで1,200円なので北アルプスの天然水よりちょっとお安いようですね。

ウォーターサーバーの料金でやはり気になるのはウォーターサーバーのレンタル料があるかどうかです。
レンタル料がない分、ウォーターボトルが高めになっていることもあるので一概にレンタル料がない方がいいとは言えませんが、やっぱりレンタル料が無料である方が助かりますね。
うーん、なるほど、候補としてメモしておくとしましょう。

 

熊本の名水が飲めるSAPUAのウォーターサーバー

今日調べたウォーターサーバーは、双日新都市開発株式会社のSAPUAです。
SAPUAは熊本菊池の名水のウォーターサーバーで、まろやかで口当たりが優しいお水と書かれています。
ふむふむ、ウォーターサーバーのコスパは気になりますが、やっぱり美味しいお水を飲みたいので、できれば味比べをして選べたらと思います。
でもまあウォーターサーバーは注文してみないと味が分からないので飲み比べはできませんね。

話をSAPUAを戻すと、サーバー利用料は月々850円(税別)、ボトルは12リットル×2本セットで4,000円(税別)となっています。
ということは1本あたり2,000円ということですね。
12リットルという大きめのボトルなので、高い安いか判断しづらいですが、ちょっとコスパ的にはイマイチかなと思います。
でも熊本という大地で生まれた名水を飲んでみたいという気持ちもあるので、気になってはいます。

お水を飲み比べてみると分かりますが、お水によって味が全ッ然違うんですよね。
水道水が当たり前と思っていたのが、OSGコーポレーションのウォーターサーバーのお水を飲んで衝撃を受け、ウォーターサーバー探しの旅が始まりました。
毎日美味しい水を飲めるなんて最高ですよね!

ウォーターサーバーのデザインがスタイリッシュなキリンのAQUWISH

キリンと言えば清涼飲料水を始めとする、言わずと知れた飲料水の大手メーカーです。
そのキリンが運営している「AQUWISH(アクウィッシュ)」というウォーターサーバーについて調べてみました。
「AQUWISH」のウォーターサーバーはまずその見た目の良さに惹かれてしまいます。
スタイリッシュなデザインでとてもいい感じです。
私は主婦なのでどうしてもコスパに優れたウォーターサーバーを求めてしまいますが、できればデザインのいいウォーターサーバーがいいなぁと思っています。

気になる価格ですが、サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は全て無料で、必要なのはお水代だけです。
お水は1パック7.15リットルで1,078円(1,164円)という価格になっています。
デザイン性が高いウォーターサーバーが無料で、お水がこの価格ならなかなか良いのではないでしょうか。

そうそう、書き忘れていましたが、お水は富士山の天然水です。
キリンの天然水なので、質に関してはわざわざ書く必要はないかなと思います。
OSGコーポレーションに最大のライバル現る!?って感じです。
キリンは大手のメーカーだけになかなか手ごわいウォーターサーバーを放ってきますね。

8リットルボトルが1本500円のウォーターサーバー良水市場

ウォーターポイント株式会社による良水市場というウォーターサーバーについて調べてみました。
まずはコスパを気にする主婦らしく価格からチェック!
良水市場は8リットルボトルが1本500円(税別)、冷温水サーバーのレンタル料は月々600円(税別)、清掃費が年3,000円(税別)のようです。
1本500円というのは結構リーズナブルなんじゃないでしょうか。

冷温水サーバーのサイズは幅300mm × 奥行き310mm × 高さ960mmとなっています。
シンプルなデザインのウォーターサーバーですので、どこに置いてもそんなに違和感はないかと思います。

ひとつ気になるのは宅配エリアです。
良水市場の宅配エリアは東京都23区と千葉県市川市と船橋市のみとなっていて、今のところそれ以外の地域の配達は行っていないとのこと。
宅配エリアは順次拡大中と書かれていますが、宅配エリアが限定されているのはちょっとマイナスかもしれません。

価格的にちょっと良さげなウォーターサーバーではありましたが、OSGコーポレーションは上回っていないので、依然変わらずOSGコーポレーションが第一候補のままです。
それにしても世の中にはウォーターサーバーがたくさんあるんですねぇ(しみじみ)