キリンのソーダサーバーが提供中止に

キリンの「ソーダサーバ」はウォーターサーバーとしては初となる炭酸水サーバーで、ちょっと話題になっていました。
私もすごく気になっていたのですが、今日調べてみたら炭酸ガスが抜けたり、エラーデータ表示が発生するといったトラブルが起こり、サービスの提供中止されていました。
えー、そうなんだ、中止になっちゃったんだね。
ウォーターサーバーで炭酸水が飲めるのはすごく面白いと思ったのだけど、炭酸があるとウォーターサーバーで管理するのは難しいのかしら。
キリンだから改良して再度提供することを期待したいですね。

でもまあ、炭酸水サーバなので、日常の料理や飲用として使うウォーターサーバーはまた別になります。
OSGコーポレーションのウォーターサーバーに出会ってからというもの、お水の美味しさがわかるようになり、もう水道水のお水では満足できなくなってしまいました。
早くOSGコーポレーションのウォーターサーバーが欲しいのですが、もっとウォーターサーバーについて調べてから決めたいので、いろいろなメーカーを比較中です。

今日の「ソーダサーバ」の提供中止の話題も、ウォーターサーバーに関心を持っていなかったら気づかなかったでしょうね。

 

TOKAIの宅配水「朝霧のしずく マイルド」が気になる

TOKAIというメーカーが「朝霧のしずく マイルド」を出しているのですが、今とても気になっています。
何が気になるかって、どれくらいマイルドなのか、です。
天然水によって味わいが違うので、マイルドなお水と聞いたら飲んでみたくなりますよね。

「朝霧のしずく マイルド」は富士山麓の朝霧高原から採れた天然水で、硬度29の軟水です。
バナジウムが豊富に含まれているのですが、これは富士山の玄武石に含まれたバナジウムがお水に溶かし込まれているからなんですって。
軟水なのでご飯を炊いたり、だしをとったりするのに向いていて、お茶やコーヒーにも合うようです。

へー、知るほどに気になってきました。
ウォーターサーバーの天然水を飲み比べる機会がないので、そういった場所があればぜひ参加したいですね。
やっぱり実際に飲んでみないと天然水の美味しさはわかりませんし、好みがあるので試飲した上で選べれば最高です。

そういった意味では、OSGコーポレーションのお水はすでに飲んで美味しさを実感しているので、間違いないです。
まあ、OSGコーポレーションのウォーターサーバーを採用するのはほぼ決まりなところがあるのですが、まだもう少しウォーターサーバー調べを続けたいと思います。

日本人が飲みやすい硬度25の軟水、アルテッセのウォーターサーバー

ウォーターサーバーの比較を始める前の私は、恥ずかしながらお水に違いはないと思っていました^^;
OSGコーポレーションのウォーターサーバーでお水を飲んでから、お水には違いがあり、美味しいお水は人を幸せにするということがわかりました。
それ以来、ウォーターサーバー調べにはまってしまって、これまでいろいろなウォーターサーバーについて調べてきました。

今日はアルテッセというメーカーのウォーターサーバーについて調べました。
アルテッセのお水はミネラルが豊富なパナジウム天然水「富士青龍水」で、日本人が飲みやすい硬度25の軟水となっています。
軟水と硬水では全然違って、日本は軟水が多いので軟水の方が飲みなれています。
硬水を飲んでみたことがあるのですが、ちょっと私には合わなかったので、ウォーターサーバーを購入するならやっぱり軟水がいいですね。

12リットルボトル1,900円(税別)なので、お値段はまあまあといった感じでしょうか。
コスパを考えると、もうちょっとお安い方が主婦としては助かります。

浄水器で浄水したお水と、天然水ではやっぱり味が違います。
スーパーで天然水のボトルを買ってくるのは手間なので、美味しいお水を飲むならウォーターサーバーが一番です。

 

コスパのいいヘルシアウォーター株式会社のウォーターサーバー「日光の雫」

ヘルシアウォーター株式会社のウォーターサーバー「日光の雫」は、12リットルボトル1,200円(税込み、送料込み)のようです。
へー、12リットルで1,200円か、なかなか安いですね。
送料が込ですし、ウォーターサーバーのレンタル代も無料なので、コスパは良さそうです。

主婦なのでウォーターサーバーの性能やお水の質にもこだわりつつ、できるだけお得なお値段のウォーターサーバーを選びたいんですよね。
毎日のお水代を考えると、やっぱりコスパは重視せざるを得ません。
「日光の雫」で必要な料金は天然水代だけのようですから、コスパはいいと思います。
ただ、私はOSGコーポレーションのウォーターサーバーが欲しいので悩むところです。
OSGコーポレーションのウォーターサーバーはお水の質もコスパもいいので、それを超えるウォーターサーバーはなかなか現れません。
「それなら早く決めちゃえばいいのに」と思われるでしょうけれど、比較した上で決めたいので、いろいろなウォーターサーバーを見ている段階です。
気になったウォーターサーバーはちゃんとメモしていますので、いよいよ決めるときになったら、そのメモを見ながら決めたいと思います。
近いうちにね。