ペットボトルをセットして使えるニチネンのウォーターサーバー「おいしさポット」

Amazonでウォーターサーバーを探していたら、ペットボトルをセットして使えるウォーターサーバーを見つけました。
ニチネンの「おいしさポット」というウォーターサーバーなので、ペットボトルを上部に設置して使うようです。
ウォーターサーバーといえば大きなボトルを設置して使うのが一般的ですが、市販のペットボトルで使えるのはいいかもしれませんね。
「おいしさポット」は本体のサイズがコンパクトなので、卓上にも置きやすいと思います。

価格は14,000円ぐらいなので、ちょっと高めかなという気もします。
もうちょっと安ければ欲しかったんですけどね。
でもあったら便利かなと思います。
うちみたいにそんなに広くない家なら、なおさらコンパクトなウォーターサーバーの方が助かります。

ただペットボトルだと交換の頻度が高いですし、スーパーやディスカウントストアでペットボトルを買ってこなければならない面倒さがあります。
一般的なウォーターサーバーならボトルを配送してくれるので、買いに行く手間を考えたらやっぱり普通のウォーターサーバーがいいかなぁ。
ちょっといいかなとも思いましたが、やっぱりOSGコーポレーションのウォーターサーバーを選ぶのが一番かなと思います。

 

家にあったら面白そうな地球儀式ウォーターサーバー

どこのメーカーかはちょっとわからないのですが、「地球儀式ウォーターサーバー」なるものを発見しました。
今探しているウォーターサーバーとはちょっと違うので寄り道になりますが、面白そうなので紹介したいと思います。

「地球儀式ウォーターサーバー」はその名の通り地球儀の形をしているウォーターサーバーで、冷水や温水といった機能は備えていないシンプルなタイプです。
ビールを入れて楽しんだりするようなタイプなので、ちょっとしたインテリアのような感じで使います。
価格も5,000円以内で買えるみたいなので、ネタ的に置いておくという感じですね。

でも最初は面白がって使っても、だんだん入れるのが面倒くさくなって置物と化しそう^^;
まあ5,000円以内で楽しめたらいいかもしれませんね。

それはそうと、OSGコーポレーションのウォーターサーバーが欲しいと思っていろいろなメーカーのウォーターサーバーを調べましたが、調べるほど迷ってきますね。
各ウォーターサーバーは魅力がありますが、言わば一長一短という感じでもあります。
主婦としては価格も重視したいので、リーズナブルかつ機能的、それでいてデザインがオシャレという贅沢な希望を抱いています。

Amazon限定で買えるジェイウォーターの卓上型ウォーターサーバー

Amazonはたまに利用するのですが、ふと思いついてウォーターサーバーを扱っていないか調べてみました。
すると、Amazon限定のウォーターサーバーを発見しました。
ジェイウォーターの卓上型ウォーターサーバーがAmazon限定で販売されていて、価格はだいたい1万円ぐらいです。
本体を買ってボトルを注文する形なので、レンタルではないですね。

ブラックのスタイリッシュなデザインのボディで、カッコイイなと思います。
ちょっと渋すぎるかなという感じがあるので、うちに合うかどうかは微妙なところです。
うちはそんなインテリアにこだわったオシャレな家じゃないので^^;

ボトルは全国10種類の名水を選べるようで、富士山、阿蘇、鳴沢、白川などがあります。
いろいろな水を楽しめるのはいいかもしれませんね。
10種類も選べるウォーターサーバーはあまりないので、10種類試して一番舌に合う水を探すのも面白いかもしれません。
私が水の違いをどれだけ分かるかは疑問ですが、水をテイスティングしながら「この水はまろやか」「この水は硬度が高いかな」とかやってみたいです。
完全に自己満足ですけど!

ウォーターサーバーはレンタルの方がいいかなと思っているので、今回は見送りかな。
OSGコーポレーション以外を選ぶと後悔しそうな気がするし。

 

足元でボトルが交換ができるアクアライフのウォーターサーバー

今日はアクアライフのウォーターサーバーについて調べました。
ネットで検索していて気になって調べてみたのですが、一番の特徴は足元でボトルを交換できるシステムです。
ウォーターサーバーのボトルは上部に設置するのが一般的ですが、アクアライフのウォーターサーバーは足元にボトルを設置して水を汲み上げるタイプになっています。
女性や子供だとボトルを上部に設置するのが大変なので、足元式は助かりますね。
それだけでウォーターサーバーを選べませんが、ひとつの大きなアドバンテージになります。

気になる料金システムはというと、ウォーターサーバーレンタル料は無料で、「富士の響き」は3,888円(1,944円×2本)、「日田の誉」は4,104円(2,052円×2本)、「古都の天然水」は3,800円(1,900円×2本)となっています。
配送料も無料なので、必要なのはボトル代だけですね。
なるほど、ウォーターサーバーのレンタル料が無料なのは大きいですね。
その代わりボトル代がちょっと高めかなぁという印象がありますが、まあまあ概ねいい感じなのではないでしょうか。
OSGコーポレーションの比較対象となるだけのポテンシャルは持っていますね。