ワンタッチで分離できる象印の真空ドリンクディスペンサー

ウォーターサーバーを探していたら、象印が真空ドリンクディスペンサーを販売していることを知りました。
ドリンクディスペンサーなのでウォーターサーバーではないのですが、ちょっと気になったのでどんな商品か見てみました。

特徴としてはワンタッチで分離できる構造になっているので、お手入れがしやすいドリンクディスペンサーのようです。
主にコーヒーを入れて使うので、お手入れのしやすさは大事ですね。
水だけを使うウォーターサーバーだって使っているうちに汚れていくのですから、ドリンクディスペンサーはもっと汚れます。
汚れが状態で使うのは不衛生なので、ドリンクディスペンサーを選ぶ時はお手入れのしやさも重視した方がいいですね。

その他の特徴は、コーヒーブルワーへ直接セットできる、ガラス中びんタイプによりニオイの移りが抑えられるといったところです。
なるほど、家にあったら便利そうですね。

と思っていたら、これ業務用じゃないですか!
あらら、業務用のドリンクディスペンサーなら家庭で使うのには向いていないかな。
頻繁にお客さんが来るわけじゃないですし、一日に何杯もコーヒーを飲むわけじゃないので、あってもあまり使わなさそうです。
それにウォーターサーバーの温水があればいつでもコーヒーや紅茶が作れますしね。

 

 

アウトドアで活躍しそうな「たためるウォーターサーバー」

一口にウォーターサーバーといってもいろいろなタイプがあるんですね。
今日見つけたのは、「たためるウォーターサーバー」という商品です。

「たためるウォーターサーバー」は縦にペシャンと畳めるタイプのウォーターサーバーで、折り畳むと直径20cm × 高さ11cmのコンパクトサイズになります。
伸ばした高さ25cmで、容量は5.5リットルです。
これなら持ち運びしやすいので、アウトドアとかに良さそうですね。
ワンタッチレバーがついているだけのとてもシンプルな構造で、まさに持ち運び用のウォーターサーバーって感じです。

私はOSGコーポレーションをはじめとする本格的なウォーターサーバーを探しているので、ちょっと寄り道でチェックしてみました。
でもまあ、アウトドアだけでなく災害時にも使えそうなので、持っていてもいいかなと思っています。
価格も1,500円くらいのようですし、これなら贅沢のうちに入らないですしね。
「たためるウォーターサーバー」のような簡易サーバーもひとつは持っておいてもいいかなと思っています。
かといって今のところアウトドアの予定がないので、なくてもいいのですが。
こういうのを見るのも楽しいので、また見つけたら紹介したいと思います。

 

小鳥がちょこんと乗ったかわいいウォーターサーバー「QUALY サースティバード」

「なんかええウォーターサーバーはないかのう」と思いながら探していると、「QUALY サースティバード」というかわいいウォーターサーバーに出会いました!
何がかわいいかというと、赤い小鳥のオブジェ(?)が注ぎ口にちょこんと乗っているんです。
ええー!か、かわいい!!
これは癒される。
こんなキュートなデザインのウォーターサーバーもあるんですね。
ボディは真っ白で小鳥が赤なので、コントラスト的にもすごく美しいです。

商品説明を読むと、小鳥を押して水を注ぐみたいです。
んー、この仕様はどうなんだろう。
小鳥さんの頭をぐいっと押すのはかわいそうな気がするの(´;ω;`)
そこは別の方法で注げるようにしてほしかったな。

この「QUALY サースティバード」というウォーターサーバーはかわいくていいのですが、冷水や温水といった機能のついていないタイプなので、私が求めているOSGコーポレーションが扱っているような本格的なウォーターサーバーではないのですよね。
でもインテリアとしてはすごくいいので、お金に余裕があったら欲しいです。
その前に本格的なウォーターサーバーを買わなきゃいけないですし、うちは気軽にインテリアを買えるような余裕のあるお財布事情じゃないので見るだけで我慢しようっと…。

 

 

 

 

ハイスペックなClover社製の省エネウォーターサーバー

主婦としてはウォーターサーバーの省エネ性能はとっても気になるところです。
毎日使いますし、点けっぱなししているので、省エネ機能があるウォーターサーバーがいいかなと思っています。
どれだけ差が出るかわからないので、省エネ性能によってはそこまでこだわるつもりはありませんけれど。

省エネ性能で探していいなと思ったのは、Clover社製のウォーターサーバーです。
省エネボタンがついていて任意でオン・オフできますし、光センサー内蔵で夜間だけ省エネをオンにすることもできるんですって。
へー、すごいですね、ウォーターサーバーに光センサーって、なんか進化した感じです。

スリムタイプと卓上タイプがあって、どれも省エネ機能がついているみたいなので、あとはサイズの問題ですね。
うちで使うならスリムタイプかなぁ。
いっぱい使いますし、キッチンとダイニングテーブルの距離が近いので卓上タイプでなくても全然不便はありません。

うんうん、なるほど、ハイスペックな省エネウォーターサーバーもいいね。
夜間に自動で省エネモードになってくれるのは助かります。
うっかり省エネモードをオフにしていても節電してくれるので、夜間の電力量が無駄になりませんね。
なかなか良さそうなウォーターサーバーなので、OSGコーポレーションの対抗馬としてちょっと考えてみますか。