吹きガラス技法で作られたNature’s Designの「アラジン・ウォーターサーバー」

世の中にはユニークな商品がいっぱいありますよね。
最近知っておもしろいなと思ったのは、Nature’s Designの「アラジン・ウォーターサーバー」です。
言葉で表すのが難しいのですが、アラジンの魔法のランプのような形をしています。
蛇口が付いているタイプのウォーターサーバーでなくて、ポットのように注ぐタイプのウォーターサーバーですが、すごく興味深い商品です。
この「アラジン・ウォーターサーバー」は吹きガラス技法で作られたハンドメイドのウォーターサーバーで、デザインにこだわりが感じられます。
形がユニークなのでおしゃれなのかどうか私には判断しかねますが、個性があるのは確かです。
デザイナーズ住宅に置いてあったら違和感がないかもしれませんが、うちのような普通の住宅だと浮いてしまうかもしれませんね。
家庭用というよりおしゃれなお店向けのウォーターサーバーのような気がします。
行ったお店に「アラジン・ウォーターサーバー」があったらちょっと興味持ちます。
買うかどうかは別として、こういう個性的なウォーターサーバーを見るのも面白いですね。
ウォーターサーバーはコレクションするものではないので見るだけになりますが、こういうユニークなものがあればまた紹介したいと思います。

硬度99の軟水、秩父源流水のウォーターサーバー

株式会社秩父源流水が販売している「秩父源流水」というウォーターサーバーを調べました。
「秩父源流水」は埼玉県北西部にある秩父市大滝から採水した天然水だそうで、硬度が99の軟水とのことです。
説明を読むと「秩父源流水」はくせがないまろやかなお水とのことなので、飲みやすいと思います。
硬水と飲み比べるとやっぱり軟水が飲みやすいので、ミネラルウォーターを買うなら軟水がいいですね。
気になるお値段はというと、ウォーターサーバーの本体が送料込みで30,240円(税込み)、バックインボックス10L(2箱セット)が送料別で2,160円(税込み)となっています。
そっかあ、本体の料金がかかるんですね。
本体の料金が無料だったら助かるのですが、「秩父源流水」は買い取るタイプのウォーターサーバーのようです。
お水は送料別で2,160円だから、うーん、安くはないって感じですね。
ただ「秩父源流水」は気になります。
お水も合う・合わないがあるので飲んでみないことにはなんとも言えませんね。
ウォーターサーバーの飲み比べができる場所があったらいいのにと思います。
OSGコーポーレーションのお水は飲んで美味しいって知っていますが、他のお水も飲んでみたいですしね。

ペットボトルをセットして使えるニチネンのウォーターサーバー「おいしさポット」

最近よくアマゾンでウォーターサーバーを見ているのですが、ニチネンのウォーターサーバー「おいしさポット」が気になっています。
なにやらペットボトルをセットして使えるタイプのウォーターサーバーのようで、サイズがちっちゃくてかわいいです。
見た目はおもちゃみたいな感じもするのですが、簡易的なウォーターサーバーとしてならアリかなと思います。
ペットボトルで使えるのでボトルを買わなくてもいいのが特徴ですね。
自分でペットボトルを買ってくるという面倒臭さはありますが、卓上にウォーターサーバーを置きたい時なんかにいいと思います。
でもよくよく説明を読んでみると、尾瀬の湧水4Lのみ使用可能とのことで、2Lボトルは使えないようです。
そっかあ、4Lのみかあ。
うーんそれは微妙だなあ。
どんなペットボトルにも対応してくれたらすごくいいんだけど。

簡易的なウォーターサーバーを買うより、やっぱりOSGコーポーレーションのような本格的なウォーターサーバーを買った方がいいですよね。
ペットボトルを買いに行く手間が省けるのもウォーターサーバーの良さですし、簡易的なウォーターサーバーを買って後悔したくないですしね。
これは候補から外れるかな。

クッキングウォーターサーバー(クレードルバルブ)ってどうなんだろう、使えるのかな?

アマゾンをなんとなく見ていたら、「クッキングウォーターサーバー(クレードルバルブ)」というものを見つけました。
ウォーターサーバーのボトルに付ける商品みたいで、簡易蛇口を取り付けるとボトルから直接水を出せるというものです。
台座もセットになっていて、注ぎ口を下向けにして使います。
へー、こんなのあるんだ。
「クッキングウォーター」っていう名前なんだから料理の時に使うんだろうね。
キッチンに設置しておけばいちいちウォーターサーバーまで水を汲みにいかなくて済むので楽そうです。
重たいボトルを手で持って鍋に水を注ぐのも大変だし、台座に置いて注げるならいいかもしれませんね。
キッチンだけじゃなくて寝室とか他の場所にもボトルを置きたい時に良さそう。
現時点でのアマゾンの価格は1,620円。
アマゾンプレミアムの対象外だから配送料もかかるみたいだし。
うーん、悩むところですね。
使えればいいですけど、ボトルが台座に合わなかったり使いにくかったりしたら困るし。
お水が少なくなってきたら前に倒れたりしないかな。
おサイフに余裕があれば買っちゃうかもしれませんが、ここは我慢かな。
無駄になったら旦那に怒られそうだし。
でも気になるなあ。