水のおいしさの元となる溶存酸素が溶け込んだウォーターサーバー「ウォーターズウォーター」

「ウォーターズウォーター」というウォーターサーバーのサイトを見ていて知ったのですが、お水のおいしさって溶存酸素という成分が関係しているそうです。
溶存酸素は水中に溶け込んでいる分子状の酸素で、綺麗な水ほどたくさん含まれていて、水をおいしくしているんですって。
今までお水のおいしさの違いってなんだろうと疑問に感じていたのですが、溶存酸素がたくさん含まれているどうかで味に違いが出てくるんですね。
綺麗な水は溶存酸素が豊富でおいしいということがわかり、ひとつ疑問が解けました。
溶存酸素は加熱すると減ってしまうそうなので、加熱しない溶存酸素が豊富な綺麗な水が一番おいしいということになりますね。

これはなかなかいいことを知りました。
OSGコーポレーションのウォーターサーバーでお水のおいしさを知ってから自分でいろいろ調べて詳しくなったつもりでいましたが、まだ知らないことがたくさんありますね。
お水は奥が深い!
今までお水は飲めればいいとしか考えていませんでしたが、OSGコーポレーションのおかげでお水のおいしさの違いを知りました。
最初は私にお水の味の違いなんかわかるのかなと思っていましたが、飲み比べていくうちになんとなく違いがわかるようになってきました。
好みもあると思いますが、お水のおいしさがわかるのはすごく楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です