D-パックを採用したイワタニのウォーターサーバー「富士の湧水


ウォーターサーバーによってボトルの仕組みが違っていて、大きく分けると再利用するタイプと使い捨てのタイプがあります。
再利用の方がエコなのかなと思っていたのですが、イワタニのウォーターサーバー「富士の湧水」が採用している「D-パック」の解説を見てから少し考え直すようになりました。
「D-パック」は使い捨てのボトルで、これだけ見ればもったいないような気がしますが、ダンボールは資源ごみとして、ポリエチレンは燃料として再利用されるので無駄にはならないようです。

ボトルを再利用するにはしっかり洗浄をしなければならず、そのためには多くの水を使います。
それなら使い捨てにして燃料にした方がエコだという考えはすごく分かります。
ここらへんは個人個人で考えが異なるので難しいところなのですが、使い捨てボトルは衛生面でもメリットがあるので「D-パック」はいいボトルシステムだと思います。

ウォーターサーバーを選ばらボトルのこともちゃんと調べておかないといけないのですよね。
前の私ならボトルのことなんて全然気にもしていませんでしたが、今はボトルもチェックするようになりました。
ウォーターサーバーって比較すればするほど迷っていまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">