ウォーターサーバー「ウォーターワン」のワインレッドがかっこいい

「ウォーターワン」というウォーターサーバーはホワイト、ピアノブラック、ワインレッドの3色があるのですが、ワインレッドの色味がとても渋くてかっこいいです。
ピアノブラックもクールで魅力的なのですが、この3色から選ぶならワインレッドかなあ。
本体のデザインがシンプルなので、嫌味のないワインレッドといった感じです。
家に置くにはちょっと勇気がいる色ですが、ウォーターサーバーのワインレッドに合わせてインテリアを変えるのもいいかもしれません。
うちにはおしゃれアイテムがないので、「ウォーターワン」のワインレッドを導入するついでにインテリアを揃えてみるのも楽しそうです。
でも、旦那に無駄遣いって言われちゃうかも^^;
ウォーターサーバーは実用性があるからいいとして、インテリアを揃えるだけのお財布に余裕がないですからね。
そうできたらいいなあぐらいの考えです。

「ウォーターワン」のウォーターサーバーレンタル料金は月額500円なので、まあまあリーズナブルだと思います。
できればレンタル料金は無料である方が助かりますけどね。

ただ、色がかっこいいというわけでは第一候補であるOSGコーポレーションのウォーターサーバーの牙城を崩すには至らないかもしれません。
欲しいのは欲しいです。
でもウォーターサーバーは基本的に一家に一台あればいいですからね、ひとつを選ばなければなりません。

コスモウォーターのウォーターサーバー「Smartプラス」に新色のウッドが追加

コスモウォーターのウォーターサーバー「Smartプラス」に新色のウッドが追加されたみたいです。
これまではホワイト、ピンク、ブラックの3色のラインナップですが、ウッドが加わったことで4色から選べるようになりました。
ウッドはそのまま木目調のカラーで、ナチュラルな雰囲気がすごくいい感じです。
ウォーターサーバーはホワイトとかブラックとかが多いのですが、家の内装によっては合わないこともありますよね。
ウッドは木材の良さを活かした家なんかによく合いそうです。

「Smartプラス」というウォーターサーバーは、足元でボトルを交換できるタイプになっています。
多くのウォーターサーバーは本体の上部に設置しますが、女性にとってボトルを上まで持ち上げるのは大変ですし、腰にくるので足元の方が助かるんですよね。
足元なら持ち上げずにボトルを交換できるので腰に負担がかかりませんし、なんなら子供でも交換できます。
これはウォーターサーバーを選ぶ上で結構大事なポイントで、腰が悪い方は足元交換タイプを選んだ方がいいと思います。
もちろんお水の美味しさやウォーターサーバーのお値段など総合的に評価して選ぶ必要がありますが、足元交換できるかはひとつの大きなチェックポイントです。

フォルムが美しいスマートなウォーターサーバー「キララ」

最近のウォーターサーバーって本体のデザインにこったものが増えてきましたよね。
インテリアとして置いてもおかしないようなオシャレなデザインのウォーターサーバーが増えているので、見た目でも選ぶのに迷ってしまいます。

株式会社MTGのウォーターサーバー「キララ」なんかはフォルムが美しくて惚れ惚れします。
厚さが約18cmのスリムなボディのウォーターサーバーで、デザインがスタイリッシュでとてもいい感じです。

しかもこの「キララ」、炭酸水も作れてしまうんですよ!
すごくないですか?
ウォーターサーバーで炭酸水も同時に作れるなんて。
普通はソーダマシンを別で購入しないといけませんが、「キララ」ならウォーターサーバーとしてもソーダマシンとしても使えるの一石二鳥です。
場所もひとつで済むのでスペースの節約にもなります。
これいいですね〜。
夏の暑い日にシュワっとした炭酸水を飲むとスカっとします。
いつでも炭酸水が作れるので、炭酸水を買う費用の節約にもなりそうです。

OSGコーポレーションのウォーターサーバーを買ってソーダマシンも買うか、「キララ」を買って1台で済ませるか、ヒジョーに悩むところです。
でもやっぱりOSGコーポレーションのウォーターサーバーが欲しい…!

限りなく不純物を取り除いた超純水が飲めるウォーターサーバー「良水市場」

ウォーターサーバーの「良水市場」は「超純水」という限りなく不純物を取り除いたお水が飲めるそうです。
前にも調べたことがあるのですが、「逆浸透膜」を2回行なう「ダブル逆浸透膜」によって不純物が少ない「超純水」を作り出しています。
これ以上の純水はないんじゃないかってくらい綺麗なお水になっているのでしょうね。
うわー、すごいですね、「超純水」って。
名前からして興味をそそられます。

「良水市場」が汲み上げているお水は世界遺産になっている北海道知床らうすの海洋深層水で、深海のミネラルがたっぷり入っているそうです。
逆浸透膜によって海水を真水に変え、逆浸透膜を2回行うことで「超純水」を作っています。
うん、逆浸透膜を2回っていうの、2回言いました^^;
あ、そうそう、「ダブル逆浸透膜」は業界初だそうです。
普通は1回なんですね。

さらに「良水市場」のいいところはサーバーレンタル代が無料なところ!
ボトルは8リットルで500円とかなりリーズナブルです。
「超純水」のお水がこんなお得な価格で飲めるなんて、逆に「良水市場」の儲けを心配してしまいます。
できるだけ質のいいお水をできるだけ安い価格で飲みたい主婦としては嬉しい限りですけどね。
これは第一候補のOSGコーポレーションの強力なライバルになりそうです。

ミネラルたっぷりのウォーターサーバー「ふじざくら命水」

ミネラルウォーターはやっぱりミネラルたっぷりがいいですよね。
お水によってミネラルの含有量が違うのでそこはちゃんとチェックしないといけません。
富士桜命水株式会社のウォーターサーバー「ふじざくら命水」なんかはミネラルが豊富に含まれているようなのでいいんじゃないでしょうか。
「ふじざくら命水」は地中のミネラルをたっぷり含んだお水を飲めるということでちょっと気になっています。
富士山の雪解け水が地中に流れ、そこでミネラルを豊富に含んだお水を採取する、と。
うん、なんだかすごくイメージができます。
もちろん採水地に行ったことないですけどね^^;

ボトルのお値段は12リットルで1,200円(税別)、8リットルで900円(税別)となっているようです。
ウォーターサーバーのレンタル代は床置きタイプが667円(税別)、卓上タイプも同じく667円(税別)となっています。
床置タイプと卓上タイプのレンタル代は一緒なんですね。
ウォーターサーバーのレンタル代が毎月必要となるので、そこがネックになりますね。
レンタル代が無料だったらな〜。
でも「ふじざくら命水」は一度飲んでみたいですね。
気になるリストには入れておこうかと思います。

ICチップを搭載したアクアクララのウォーターサーバー「アクアアドバンス」

アクアクララはよく聞くウォーターサーバーのメーカーです。
私も何度か調べたことがあるのですが、いい製品を扱っている印象があります。
改めて調べてみると、「アクアアドバンス」というウォーターサーバーにはICチップが搭載されているということを知って驚きました。
ウォーターサーバーにICチップ搭載って、なかなかハイテクですよね。
電子制御で温度コントロールしてくれるようで、それによって省エネが可能になるそうです。
なるほど、ICチップが最適な温度にコントロールを保てるように自動で調整してくれるわけですね。
まさにウォーターサーバーのアドバンス!

カラーバリエーションが豊富で、クリアブラック、モカブラウン、スカイブルー、ライムグリーン、マンダリンオレンジ、サンレッド、ベビーピンク、ピュアホワイトの8色から選べます。
色名がオシャレですね。

アクアクララはボトル代とあんしんサポート料だけなので、ウォーターサーバー代は必要ありません。
やっぱりウォーターサーバー代が無料というのは大きいですよね。
あんしんサポート料がかかりますが、定期メンテナンスや故障対応してくれるのでそこは必要経費として考えれるのがいいかと思います。
うーん、ちょっと欲しくなってきましたね。

六甲の天然水「マロッ」というかわいい名前のウォーターサーバー

サン神戸ウォーターサプライ株式会社が取り扱っている六甲の天然水「マロッ」というウォーターサーバーがあるのですが、なんだか名前がかわいらしくて気になっています。
「マロ」じゃなくてちっちゃい「ッ」が付いた「マロッ」というネーミングがいいですよね。
実際に発音する時は「マロ」と言うのでしょうけれど、字面で見た時は「マロッ」の方がかわいく感じます。

この「マロッ」は兵庫県神戸市にある六甲山系の最西端・鉄拐山の地下200メートルから汲み上げたお水だそうです。
前に兵庫県に住んでいる友達の家に遊びに行った時に「六甲のおいしい水」を飲ませてもらったのですが、それがすごく美味しかったのを覚えています。
「六甲のおいしい水」とはまた違うのでしょうけれど、六甲山系のお水なら美味しいのではないかと思います。

ただ、「マロッ」の配達地域は兵庫県や大阪の一部地域のみなので私の家からは注文できません。
うーん、残念!
「マロッ」を飲んでみたかったです。

もしできるなら地域限定のウォーターサーバーを飲み比べしてみたいですね。
地域ごとのお水に違いが分かればもっとお水のことを理解できそうな気がします。
きき水を当てられる自信はありませんが^^;

インテリア性を考えたら「amadana×CLYTIAウォーターサーバー」が一番かなあ

インテリアがどうとか言えるほどオシャレな家に住んでいるわけではないですが、インテリアとして考えるなら「amadana×CLYTIAウォーターサーバー」が一番かなあと思います。
他のウォーターサーバーとはデザインの面で一線を画していて、これがあるだけで家がオシャレになりそうです。
ウォーターサーバーは機能性やお水の美味しさ、価格を重視して選ぼうと思っているのですが、どうせ使うならデザインがいいものを使いたいという願望もあります。
贅沢なのは分かっていますが、デザインでも満足できるウォーターサーバーが欲しいなと思います。

「amadana×CLYTIAウォーターサーバー」のレンタル料は月1,000円(税抜)なので無料ではありません。
できれば無料であってほしかったですが、デザインがいいのでそこは仕方ないのかなと思います。
うーん、デザインをとるか価格をとるか迷うところです。
お水は美味しいでしょうし、機能性も高いと思いますが、ウォーターサーバーは毎月お金がかかるのでウォーターサーバー代が無料であるものを選んだ方が家計的に助かります。
「amadana×CLYTIAウォーターサーバー」を候補には入れていますが、今のところの最有力はOSGコーポレーションのウォーターサーバーです。

憧れの楽園ハワイのお水が飲めるハワイアンウォーターのウォーターサーバー

生まれてこの方、まだハワイに行ったことがありません。
海外旅行の経験はあるのですがハワイは未経験です。
いつか家族でハワイで行けたらなと思っているのですが、海外旅行をするほどお金に余裕がなくて先延ばしになっています。
ハワイアンウォーターのウォーターサーバーなら気分だけでもハワイを楽しめるかなと思っていますが、どうなのでしょうか?
お水を飲んで「あ!ハワイだ!」とはならないと思いますが、ハワイのお水を飲めるっていうだけでリゾートな気分になれそうです。
ハワイアンウォーターという名前もいいですよね。
ザ・ハワイって感じです。

これまで日本のお水を中心に探してきましたが、ここにきてハワイアンウォーターもありかなと思い始めてきました。
夏が近づいてきたからって、そういうことではなく…もないです。
はい、正直に言います。
完全に夏を意識してハワイアンウォーターがいいなと思っています。
だってハワイに行きたいけど行けないなら気分だけでも味わいたいじゃない!

でもやっぱりOSGコーポレーションのウォーターサーバーがいいなと思っているうちは他のメーカーに浮気しない方がいいですね。
一時の感情だけで他のウォーターサーバーを選んだら後で後悔しそうです。

セルフクリーン機能でサーバー内部を清潔に保ってくれるフレシャスの「サイフォンサーバー」

ウォーターサーバーは毎日使っているうちにサーバー内部に汚れがたまっていきます。
こまめに掃除すればいいのですが私は面倒くさがりなので汚れを放置してしまいそうです…。
でも、そんな私にぴったりのウォーターサーバーがありました!
それはフレシャスの「サイホンサーバー」なのですが、このウォーターサーバーにはサーバー内部を自動で掃除してくれる「セルフクリーン機能」が搭載されています。
温水をサーバー全体に循環させることで汚れを綺麗にしてくれます。
2週間に1回が目安だそうで、ボタンを押すだけなので時間も労力もかかりません。
自動で掃除してくれるなら面倒くさがりな私でも使えそうです。
すべてのウォーターサーバーにクリーン機能が備わっていればいいのにと思います。

「サイホンサーバー」のサイズは床置型と卓上型の2種類があります。
卓上型のウォーターサーバーがあれば食事の時にいつでも天然水が飲めるのでいいですね。
どちらも持っておきたいところですが、2つも使うとなると費用が気になるところ。
でもウォーターサーバーのレンタル料は無料みたいなので2つ持ちもいけるかもしれません。
デザインがちょっと普通すぎるのが気になるところですが、機能はすごくいいですね。